材料と制作方法


注意点

  • 自己責任でお願いします。
  • 電気工学の知識が乏しいため、動作してはいますが不適当かもしれません。
  • 各部品の特徴や、電子部品の説明書は必ず確認してください。
    • とくに電解コンデンサは向きに注意してください(破裂等の恐れがあります)。

種類

種類 計測精度 電源 費用 (Raspberry Pi除く)
電源共有タイプ rev2 (推奨) 震度1~ Raspberry Piから供給 \2,220
電源共有タイプ 震度2〜 Raspberry Piから供給 \2,070
別電源タイプ 震度1~ 別途ACアダプタから供給 \3,320

制作方法 (電源共有タイプ rev2)

材料

名前 個数 リンク 価格 用途
Raspberry Pi 3 Model B 1個 旧モデル可。ACアダプタ、microSD別途
ブレッドボード 1枚 BB-801(例) \200
加速度センサ KXR94-2050 1個 KXR94-2050 \850
A/Dコンバータ MCP3204-BI/P 1個 MCP3204-BI/P \380
ジャンパーワイヤ オス-メス 6本 秋月 C-08933(例) \220 (10本) RasPiとボード間の配線に使用
ジャンパーワイヤ 適量 秋月 P-00288(例) \400 (140本) ボード上の配線に使用
定電圧レギュレータ 3.3V 1個 LP2950L-3.3V(例) \20 電圧安定化
ショットキーダイオード 1個 1S4(例) \20 レギュレータ逆電圧保護
コンデンサ(0.1μF) 4個 秋月 P-04064(例) \100 (10個)
コンデンサ(1μF) 1個 秋月 P-08150(例) \20 電解コン可
コンデンサ(3.3μF以上) 1個 秋月 P-10590(例) \10 セラコン可

配線例

  • 画像をクリックすると拡大できます。

(写真注:ショットキーダイオード未配線、電解コンの位置にセラコンを置いています)

  1. 定電圧レギュレータ前後のコンデンサ
    • 発振防止と電圧安定化のために使用します。
    • データシートでは3.3μFの時にノイズレベル最小のようです。10μFや470μFなどでも精度は確保できます。
  2. A/Dコンバータ直前のコンデンサ
    • ノイズ除去のために使用します。データシートで1μFが推奨されています。
  3. センサ出力のコンデンサ
    • ローパスフィルタに使用します。

制作方法 (電源共有タイプ)

  • 精度が低いため推奨しません。

材料

名前 個数 リンク 価格 用途
Raspberry Pi 3 Model B 1個 旧モデル可。ACアダプタ、microSD別途
ブレッドボード 1枚 BB-801(例) \200
加速度センサ KXR94-2050 1個 KXR94-2050 \850
A/Dコンバータ MCP3204-BI/P 1個 MCP3204-BI/P \380
ジャンパーワイヤ オス-メス 6本 秋月 C-08933(例) \220 (10本) RasPiとボード間の配線に使用
ジャンパーワイヤ 適量 秋月 P-00288(例) \400 (140本) ボード上の配線に使用
コンデンサ(1μF) 2個 秋月 P-03114(例) \20 (@10×2個) 任意。精度改善します

配線例

  • 画像をクリックすると拡大できます。

  1. センサ・コンバータ直前のコンデンサ(1μF)
    • ノイズ除去のためのバイパスコンデンサです。
    • A/Dコンバータ(MCP3204)のデータシートで1μFが推奨されています(種類問わず)。

制作方法 (別電源タイプ)

  • 電源共有タイプ rev2で安価に精度が確保できるため、推奨しません。

材料

名前 個数 リンク 価格 用途
電源共有タイプの材料ぜんぶ \2,070
ACアダプタ 3.3V~5V 1個 秋月 M-01801(例) \650 0.002A程度しか使いません
DCジャック 1個 マルツ MDK024(例) \290 秋月のものは要ハンダ付け
抵抗(1kΩ) 3本 秋月 R-08535(例) \200 (100本) ACアダプタ 3.3Vの場合は1本で可
コンデンサ(100~470μF) 1個 秋月 P-10271(例) \10
コンデンサ(0.1μF) 4個 秋月 P-04064(例) \100 (10個)

配線例

  • 画像をクリックすると拡大できます。
  • 注: ACアダプタが5Vで、3.3Vに変換して電子部品に供給する例です。ACアダプタが3.3Vの場合、抵抗をDCジャック(+)とブレッドボード(+)の間の1本だけにします。

  1. 電源ラインのコンデンサ(0.1μF, 100~470μF)
    • 加速度センサ・A/Dコンバータの動作が安定します。
  2. センサ・コンバータVdd直前のコンデンサ(1μF)
    • ノイズ除去のためのバイパスコンデンサです。
    • A/Dコンバータ(MCP3204)のデータシートで1μFが推奨されています(種類問わず)。
  3. センサ出力・コンバータ入力間のコンデンサ(0.1μF)
    • ローパスフィルタです。