緊急地震速報 配信試験(β)

本配信試験は、一般向け緊急地震速報そのものを配信するサービスではありません。

緊急地震速報 配信試験(β) とは

表示イメージ
  • お使いのパソコンで、一般向け緊急地震速報の「発表」を知ることが出来ます。
  • NHKラジオ第一の音声を自動認識することで、無償での共有を実現。

注意事項

  • 緊急地震速報ではありません
    • あくまで「一般向け緊急地震速報の『発表』」のみを伝えるものです。「震源」「地域」「猶予時間」などの情報は一切含みません。
  • 情報が配信されても、揺れるとは限りません
    • 「地域」の情報を含みませんので、お住まいの地域が揺れるとは限りません。
  • 誤報が配信されることがあります
    • NHKラジオ第一の音声を自動認識しています。認識ミスによって誤報が配信されることがあります。

ダウンロード

緊急地震速報 配信試験(β) プラグイン Rev.1

  • EEW_Beta-r1.zip
    • 解凍したファイルをP2P地震情報インストール先の plugin フォルダにコピーすると、P2P地震情報とあわせて起動します。

利用方法

P2P地震情報の設定

P2P地震情報 Beta3(Rev11)以降で、次の設定を行う必要があります。

  1. 「ツール」メニュー → 「オプション」 を選択。
  2. オプションウインドウ 左側の リスト のどこかを選択。
  3. 「at your own risk」と入力(※自己責任という意味)。
  4. リストに「緊急地震速報」が追加されるので、それを選択。
  5. 「配信試験(オープンβ)に参加する」にチェックを入れる。

動作の確認

次の項目をすべて満たす場合、本プラグインは正常に動作します。

  • P2P地震情報「ツール」メニュー → 「オプション」 → リスト内「緊急地震速報」 → 「表示を確認する」 を選択し、表示される。
  • P2P地震情報が正常に接続されている。

配信データの受信

P2P地震情報 および 本プラグイン が正常に接続されている場合、自動的に受信します。次のようになります:

  • ウインドウの表示
    • 発表を示すウインドウが表示されます。
  • 効果音の再生 -メロディが再生されます。eew_beta.wavを差し替えることで変更できます。
  • ディスプレイの省電力モード復帰
    • ディスプレイが省電力モードに移行していた場合、復帰します。

配信データを受信したとき

  • まずは、身の安全を確保してください。
  • 揺れるとは限りません。約30秒間、揺れに備えてください。
  • テレビ・ラジオで情報を確認してください。

表示を確認したいとき

次の方法により、試験表示が可能です。

  1. P2P地震情報「ツール」メニュー → 「オプション」 → リスト内「緊急地震速報」 を選択。
  2. 「表示を確認する」を選択。